- Free -AnimeStudio レイヤーを動かす

レイヤーに動きを付けます。まずは単純にスライドさせる動きです。

準備

新しいタイムシートを準備します。

適当な画像を用意してください。先のチュートリアルで使った画像でかまいません。

ファイルメニューの新規で新しいタイムシートを作り、先のチュートリアルと同じようにレイヤーを加えてください。

最初のコマにセル番号を入力してください。

プレビューをクリックしてスクリーンウィンドウを開いてください。

レイヤーが表示されているのを確認してください。

編集画面

動きを編集する画面に切り替えます。

タイムシート右端とスクロールバーの間にある縦線を左にドラッグしてください。

タイムシートが左右に分割されます。

タイムシート上部のポップアップメニューから移動を選んでください。

表示が切り替わります。

カメラ 横:縦の下に縦2列があります。左側が横の移動、右側が縦の移動を表しています。最初は0.00になっています。

カメラの右側に、レイヤーそれぞれに縦2列があります。

始点を指定

スクリーンの右端からスタートさせます。

動かすレイヤーの横移動(左側)の最初のコマを選択してください。

キーボードで横の移動量を入力します。

スクリーンの横幅の半分程度の値を入力してreturn(Enter)キーを押してください。

入力したコマには四角枠が付きます。これがキーフレームです。

スクリーン上でレイヤーが右に移動しているはずです。

値が大きいとスクリーンからはみ出して消えるので調整してください。

終点を指定

スクリーンの左端まで動かします。

同じ列の下の方1秒目くらいのコマをクリックして選択してください。

キーボードから画像の横幅の半分程度の値をマイナスで入力します。最初に-を付けて数値を入力します。

return(Enter)キーを押すとここもキーフレームになります。

上のキーフレームとの間には計算された中間の値が入ります。

スクリーン上でレイヤーが左に移動しているはずです。

プレビュー

動きを確認します。

中間のコマをクリックして(またはキーボードのでコマを移動して)スクリーン表示をチェックしてください。

プレビューを実行してください。

次は動きの速度をコントロールします。