- Free -AnimeStudio 速度を指定して動かす

先のチュートリアルでは速度が一定でしたが今度は変化させます。

タップウィンドウ

タップウィンドウを開きます。

前回作ったタイムシートをそのまま使います。

レイヤーの縦移動の列を最初から最後まで縦にドラッグして選択してください。

または、最初のコマをクリックで選択してからshiftキーを押しながら最後のコマをクリックします。

選択範囲をダブルクリックするか、メニューから入力…を選択してください。

タップ操作のウィンドウが開きます。

下部にはレイヤーの位置が表示されています。色付きの枠が各コマでの配置を表しています。

スクリーンが大きくて表示が収まっていない場合はウィンドウを大きくするか表示倍率を下げてください。

設定

入力する項目やキーフレームのタイプを指定します。

縦移動のチェックがオンになっているのを確認してください。 並んでいるその他のチェックはオフになっているのを確認してください。

左上のポップアップメニューでキーの間:スプライン曲線を選んでください。

始点を指定

はじめの位置を指定します。

始点を操作がオンになっているのを確認してください。

水色の枠にマウスカーソルを入れると内側が白っぽくなるので、そこから下の方向にドラッグしてスクリーンの下の方に移動させてください。始点に値が入ります。

または始点の値をクリックして選択し、キーボードから数値を入力してreturn(Enter)キーを押してください。

マウス操作で値の見当をつけて、キー入力で調整してください。

終点を指定

終わりの位置を指定します。

終点を操作をクリックしてオンにしてください。

マウスドラッグかキーボード入力で終点の値を入れてください。ここでは始点と同じ値にします。

この時点では始点から終点まで直線の動きになっています。

速度を指定

始点での速度を指定します。

画面右の初速を指定をクリックしてオンにしてください。速度を入力できるようになります。

初速をクリックで選択して、あまり大きくない適当なマイナスの値を入れてください。ここでは-20を入れてみます。

始点から終点に向かって、最初は指定の速度から一定の加速度で変化します。横の変化が一定なので放物線になります。

セット

タイムシートに書き込みます。

セットボタンをクリックしてください。

入力画面が消えます。

タイムシートの選択部分に値が入力されているのを確認してください。

最初のコマと最後のコマがキーフレームになっています。

プレビュー

動きを確認します。

プレビューボタンを押してスクリーンウィンドウを開き実行してください。

放物線を描いて動くのを確認してください。

これまでは2点間の動きでしたが、次は多数の点を通るように動かします。