- Free -AnimeStudio 参考:カメラワーク

2Dアニメーションでカメラワークを表現する方法を簡単に分類して説明します。

パン

パン/チルト:カメラの向きを変えます。位置は動かしません。

スクリーン上では画面全体がカメラの向く方向と逆方向に動いて見えます。

アニメーションでは素材の絵を撮影する部分を移動させる事で表現します。

素材の絵は移動する部分を含めて大きな物を用意します。 大きく動かすときは素材はパノラマ状に描きます。

AnimeStudioではカメラの撮影範囲を動かす事で表現します。

スライド(平行移動)

トラック/クレーン:カメラを平行移動させます。カメラの向く方角は変えません。

スクリーン上で被写体が動きます。 パンでは画面全体が等しく動きましたが、トラックでは被写体の遠近で動く量に違いがあります。 カメラに近い物は目の前を横切るように大きく動きますが、遠くにある物は少ししか動きません。

アニメーションではレイヤーを移動させますが、レイヤー毎の移動量を変える事で遠近を表現します。移動量は視点からの距離に反比例します。つまり遠近法上の大きさに正比例します。

実写では奥行きのある物の見える角度が変化しますが、3Dではない2Dアニメーションでは一枚絵でも違和感が無いように画面の設計で配慮して角度の変化は無視するのが普通です。

画面に奥行きを持たせる事ができる手法ですが、遠近法で描かれたレイヤーを大きく移動させると(パースの消失点が動いてしまうので)奥行きの無い平面である事が逆に強調されてしまいます。画面設計でパースが目立たないようにします。

スライド(回り込み)

回り込み:カメラが特定の被写体を中心にとらえたままその周りを移動します。

スクリーン上では対象の被写体より手前側にある物と向こう側にある物が逆方向に動きます。

アニメーションでは対象のレイヤーより上のレイヤーと下のレイヤーとで逆の方向に動かして表現します。

それぞれの移動量は(分子:中心にした被写体からの距離)÷(分母:カメラからの距離)に比例します。 ただし、そもそも擬似的な表現なので大小の相対的な関係が合っていれば絶対的な値は重要ではないと思われます。

ズームイン/アウト

ズームイン/アウト:レンズのズーム倍率を変えます。

スクリーン上では画面全体が拡大/縮小するように見えます。

アニメーションでは素材の絵を撮影する範囲を変える事で表現します。

素材は撮影範囲の広がりを含めて大きな物を用意します。

AnimeStudioではカメラの撮影範囲を変える事で表現します。

トラックアップ/バック

トラックアップ/バック:カメラを被写体に近づける、または遠ざけるように動かします。

スクリーン映る物が拡大/縮小しますが、ズームの場合と違って距離によって比率が違います。

遠近法で大きさは視点からの距離に反比例するので、カメラに近い物ほど大きく変化します。

アニメーションでは、上側のレイヤーを背景側のレイヤーよりも大きな割合で拡大または縮小することで表現します。

全てのレイヤーで中心を一致させて、大小の変化に差を付けます。

別の方法として、上側レイヤーのスライドとカメラのズームを組み合わせて表現する伝統的な方法がよく使われます。